庄内でオシャレな建築

こだわりが人生を豊かにします

ログハウスは暖かいのか??

ログハウスは暖かいのか??
この問いに対し、どのログメーカーさんもしっかりとした回答を出せていないと思う。『木材には断熱性がありますよ~。』程度の説明でにごすから、少し勉強した方であれば断熱材(グラスウール等)との熱貫流率の比較で、通常の高断熱住宅に劣る事は明確。と、思うはずです。日本の断熱基準を決める要素は、ザックリいうと、建物外皮(屋根、外壁等)を構成する断熱材の熱還流率を基準とします。熱還流率(W/㎡h℃)とは、材料を通して “熱の伝わりやすさ”を表す数値です。因みにヴェルデのログで使用される杉材と高性能グラスウールとの熱還流率の比較はこうです。

高性能グラスウール(厚105㎜20K) → 0.29W/㎡h℃
ログ(杉)(厚100㎜)        → 0.87W/㎡h℃
(グラスウールはかなりハイスペック品での比較です)

この場合、数値の低い方=断熱性が良い ですから、ログはグラスウールにトリプルスコアーで負けているという事になりますね。

では、本当にログは断熱性能が低いのか?答えはNOです。
断熱性能を決める要素として熱還流率の他に“熱容量”があります。これは、簡単にいうと材料(断熱材)がどれだけ熱を蓄えることが出来るかを示す数値です。熱容量の大きな断熱材は熱の移動を遅らせることが可能になり、熱伝導率と同等以上に大事な要素です。因みに、こちらの数値比較はこうです。

高性能グラスウール(20K) →  4Kcal/㎥℃
ログ(杉)         → 230Kcal/㎥℃

こちらは、比べるまでもなくログ材の圧勝ですね。熱を蓄える量に,約57倍もの差があります。因みにコンクリートは、440Kcal/㎥℃ありますから、更に熱を蓄える事が出来ます。なんとなくイメージ出来ますよね。
さて、この二つの数値“熱還流率”と“熱容量”、断熱性能値としてどちらも重要ですが、二つの要素のバランスを表す数値として、“熱拡散率”があります。最後にこの数値の比較です。

高性能グラスウール(20K) → 0.009㎡/h
ログ(杉)         → 0.00037㎡/h

如何ですか?この場合、数値の低い方=断熱性が良い ですから、約24倍の性能差があることになります。因みに、コンクリートの数値は、0.003㎡/h です。いくら、熱容量があっても、熱還流率が悪ければ断熱材として機能しないことが分かります。バランスが大事なんです。

以上、いろいろ書いてきましたが、気密性能等の他の要素も出てきますから、一概に ログハウス最高!! というつもりはありませんが、ログハウス 実は断熱性はイイのです!!